Q1:アスベストはどこに使われていますか?

アスベストは、天井・壁・床などいろいろなところで使われており、「えっ!こんなところにも」 と驚く方も多いです。
アスベストはその発じん性(発じん性とは、粉じんの発生のしやすさのことで、飛散性と同様の意味です)により、レベル1、レベル2、レベル3に区分されます

  レベル1 レベル2 レベル3
建材の種類 石綿含有吹き付け材 石綿含有保温材、耐火被覆材、断熱材 成形板等の石綿含有建材
発じん性 非常に高い 高い 比較的低い
特徴 アスベスト、セメント等を混合し、
吹付け施工したもの
シート状で比重は小さいが
レベル1に準じた対策が必要
アスベストを含むセメント等
を板状に固めたもの
使用箇所例 天井・壁
学校、体育館、講堂、工場等
の天井・壁(吸音・断熱用)
エレベーター周辺
ボイラ本体・配管、空調ダクト
等の保温材
屋根材裏断熱材・煙突断熱材
柱・梁・壁等の耐火被覆材
鉄骨の梁・柱(耐火被覆材)
鉄階段の裏
ビルの機械室、ボイラ室等の
屋根・壁・間仕切り床などの
石綿含有成形板
屋根材の石綿天井スレート
Pタイル・カーペットの糊
(接着剤)等

 

危険性は、
レベル1)吹付けアスベストが露出して使用されている場合は、劣化等により飛散する可能性が高く、早急な対応が必要です。但し、天井裏・壁の内部にある吹付けアスベストの場合には、通常の使用状態では室内に飛散する可能性は低いでしょう。建築物が老朽化している場合は、吹付け材の有無、劣化の進行状況、天井壁の破損などの調査が必要です。

レベル2)経年劣化による飛散の恐れはほとんどありませんが、切断や破損の場合は飛散の可能性があり、レベル1に準じた対策が必要です。

レベル3)板状に固化しているので、通常の使用状態では飛散の恐れはありません。但し、切断や穴をあけたりした場合は飛散する可能性があります。

*詳しくは国土交通省「目で見るアスベスト建材(第2版)」を参照ください
 www.mlit.go.jp/kisha/kisha08/01/010425_3/01.pdf

お気軽にお問合わせください。098-898-2098受付時間 9:00 - 18:00
(土・日・祝日除く)

メールでのお問い合わせはこちら